仏壇、仏具、お線香・ローソク、寺院用仏具、感謝状、戒名紙の通販サイト

創業明治5年145年の歴史と伝統

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録はこちら
商品検索
カート
カートを見る
商品カテゴリー
ご利用ガイド

らくらく仏壇設置便

お仏壇の保証について

悪質サイトにご注意ください

仏壇の豆知識
  • 仏壇とは
  • 仏壇の工法・特徴
  • 仏壇によく使われる素材
位牌の豆知識
  • 位牌とは
  • 戒名とは
  • 位牌の種類コーディネート
仏像の豆知識
  • 仏像の歴史
  • 仏像と信仰
  • 仏像の種類
  • 仏像の姿勢
  • 仏像の荘厳
  • 仏像の仕様
数珠の豆知識
  • 数珠とは
  • 数珠の選び方
  • 宗派別の数珠の特徴
  • 数珠によく使われる素材
コラム

中居堂公式facebookページ

ラインで毎月オトクな情報が届く!中居堂のLINE@
  • サイトから追加

    スマートフォンで下のボタンをクリックすれば、友だち追加できます。

    友だち追加数
  • QRコードで追加

    メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、こちらのQRコードを読み取ると、友だち追加できます。

    QRコード
  • ▼お店ページのURL
    http://accountpage.line.me/q/wyxNTUiRbV

メルマガ

中居堂ホーページはこちら

仏壇公正取引協議会

杜の都、仙台にて創業明治5年145年の伝統と歴史をきざむ仏壇仏具店。

通販でも買える仏壇と設置について

仏壇の歴史

仏壇の歴史

仏壇とは仏を祀る棚壇のことで、様々な種類が見られます。チベット仏教と日本仏教では少し様式が異なり、日本仏教では木製の箱の内部に本尊であったり脇侍をかたどったもの、供物や掛け軸を置きます。それに加えて先祖供養のために位牌と呼ばれる亡くなった人を象徴するものを飾り、過去帳や法名軸などを祀るのも一般的です。

日本における起源としては二通の説がよく唱えられており、一つ目は持仏堂から生まれたという説です。
貴族などの上流階級の人たちの家では持仏堂と呼ばれる仏を祀る建物を持っていて、それを縮小して屋敷の中に設置したものが始まりだと考えられています。二つ目には魂棚から生まれたという説もあります。
お盆に新物やご先祖様を迎えるために作っていた魂棚と呼ばれる地域ごとの祭壇のようなものが、やがてお盆だけのものから常設のものになったという説がこちらの説です。
現在では持仏堂から生まれたという説の方が有力ですが、どちらの説も未だに唱えられています。

現代では設置に欠かせない位牌が仏壇に供えられるようになったのは、江戸時代に入ってからだと言われています。
位牌が入ってきたのは鎌倉時代に禅宗が日本にやってきた頃のことで、それが一般に広まったのが江戸時代だったのです。そういう意味では、現在でもよく見られるような形式が一般に広まったのは江戸時代ですが、今は現代的なモダンな仏壇をという考え方も広まっています。

仏壇の歴史

モダンな仏壇というとどちらかと言えば、持仏堂からというよりも魂棚から生まれたという説に基づくもので、先祖の魂を供養するという方面に傾いています。位牌であったり故人の写真を飾れば仏壇である、というコンセプトも見られ、家によって形も様々で、洋風の家にも合うデザインのものが多々あります。
ミニ仏壇と呼ばれるものなどより小さなものも出てきていて、通販での購入もできるようになり、現代の生活に沿った形が重視されているのです。

仏壇の種類

仏壇の種類

おおまかな種類は主に金仏壇と唐木仏壇があり、家に置くよく聞かれる仏壇は唐木仏壇と呼ばれます。一部金仏壇が残っている家もあります。
唐木仏壇は宗派によってもそれほど造りに違いがないのが特徴ですが、家や地域によって大きさには違いが見られます。中に入れるものは灯篭や香炉など様々で、宗派によって多少差があります。色が違うこともあり、家の特色が出るところでもあるでしょう。

逆に入れるべきでないとされるものはある程度一貫していて、例えば写真は入れずに別の場所へ置きます。他にも他宗派の仏像や、お守りやお札も入れません。
個人に見せたりお供えをしたいものを入れることはありますが、賞状や合格通知は本来飾るべきではないと言われています。ただ、こちらは厳密な決まりではなく、気にせず置く家も多くなっています。

大きなくくりはこれだけでしたが、現代では他にモダン、唐木モダンといった分け方をすることもあります。これは通販サイトなどでも見られるくくりです。
モダンと名がつくと現代の建物事情に合わせたもののことを指すことが多く、唐木モダンと言うと古くからの伝統を受け継ぐ形とモダンなものの中間を取ったものをこう呼びます。日本には先祖信仰が受け継がれており、現代的な洋室にも、そして和室にも溶け込むものが注目されています。

仏壇の設置

仏壇の設置

仏壇の購入は店舗で直接購入をする方法や通販などがありますが、設置する際には気をつけなければならないことがいくつかあります。
まず、購入時期としては四十九日までが一般的にいいとは言われており、遅くとも一周忌までの購入が望ましいとされています。とはいえ、新居を建てたり引越しをしたりする場合は、それに合わせた購入をする人も多くなっています。

祀り方としてはまず置く向きがありますが、これには諸説あります。
極楽浄土が西にあるという考え方から、そちらを向いて拝むために東向きに置く、という考え方も一つです。他にも、中国の王様が南向きに座ることから伝わったとされる方法で南向きにするという考え方もありますし、本山がある方を向いて拝めるように配置するという置き方もあります。家によって考え方があるので、家族で相談するといいでしょう。ただし、置き場所としては直射日光の当たる場所や直接冷房のかかるところ、また湿気が多くカビやすいところは避けた方がいいとされているので注意してください。置く向きや避けた方がいい場所から考えると場所は絞られてきます。

場所が決まったら大きさを考えなければいけません。
扉を開くことが多いためスムーズに扉が開けて、なおかつ拝むことのできるスペースが必要です。また、運び込む際に玄関や廊下を通るかどうかも考慮します。なお、引っ越しをする可能性を考慮して小さめのタイプを選ぶ人もいます。
床に直接置くタイプもあれば家具などの上に置くタイプもあるので、住居の状況に応じて選択しましょう。
一緒に置くものも購入するのが一般的ですので、すべてを合わせた金額が予算内に収まるかどうかも重要になります。宗派を事前に調べておき、ご本尊や仏具はどのようなものになるのかを確認してから揃えるものを決めましょう。

お買上げ合計\10,000以上送料無料

お支払方法について

銀行振込をご利用の場合

ご注文手続き完了後、当店指定口座までお振り込みください。
詳しくはこちらをご覧ください。

代金引換をご利用の場合

お買い上げ金額ごとに代引き手数料が異なります。
詳しくはこちらをご覧ください。

クレジットカード決済をご利用の場合

VISA、MASTER,DINERS,JCB,AMEX,SAISONなどの中からお選びいただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

配送方法・送料について

配送方法について

配送会社は佐川急便、ヤマト運輸、福山通運など当社が責任を持ち、お届け先や商品に応じて配送業者を指定致します。

送料について

10,000円(税抜)以上商品をご注文いただいた方は送料無料にてお送りいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

包装やのし(かけ紙)をおつけして配送することも可能です。
ご希望の際は、備考欄へ記入をお願い致します。


▲このページの先頭に戻る
2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
※青い枠の日曜・祝日のご注文は、翌営業日 との発送となります。
※お急ぎの場合は、日曜・祝日でも対応でき る場合もございますので、備考欄にご記入 ください。
Copyright
TOP