仏壇、仏具、お線香・ローソク、寺院用仏具、感謝状、戒名紙の通販サイト

創業明治5年145年の歴史と伝統

会員専用ページ

ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録はこちら

商品検索

カート

らくらく仏壇設置便

お仏壇の保証について

仏壇の豆知識

    仏壇とは 仏壇の工法・特徴 仏壇によく使われる素材

位牌の豆知識

    位牌とは 戒名とは 位牌の種類コーディネート

仏像の豆知識

    仏像の歴史 仏像と信仰 仏像の種類 仏像の姿勢 仏像の荘厳 仏像の仕様

数珠の豆知識

    数珠とは 数珠の選び方 宗派別の数珠の特徴 数珠によく使われる素材

中居堂公式facebookページ

ラインで毎月オトクな情報が届く!中居堂のLINE@

サイトから追加

スマートフォンで下のボタンをクリックすれば、友だち追加できます。

友だち追加数

QRコードで追加

メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、こちらのQRコードを読み取ると、友だち追加できます。

▼お店ページのURL
http://accountpage.line.me/q/wyxNTUiRbV

中居堂ホーページはこちら

杜の都、仙台にて創業明治5年145年の伝統と歴史をきざむ仏壇仏具店

仏像の種類

《如来》

釈迦如来の出家後の姿がモチーフになっています。

・釈迦如来

お釈迦様は仏教の開祖で、仏陀、釈尊とも呼ばれています。
インドの釈迦族の王子として生まれましたが、王子の身分を捨て自ら出家をし、厳しい修行を積まれてお悟りを開かれました。
お釈迦様の誕生から入滅までを仏伝とし、この生涯を誕生仏、説法像、涅槃像などを仏像として残し、今も私たちの生活に根付いています。

・毘盧遮那如来

宇宙の真理を表し、釈迦如来の法身とされます。
蓮華台に結跏趺坐し、左手を膝の上に置き、右手を軽く上げた姿で表されます。

・阿弥陀如来

阿弥陀様はもともと国の王様です。ある仏の説法を受けて感動をされ、自分自身が仏になりたいと決心をし、四十八願という大願を行ずる厳しい修行を積み、お悟りを開かれたのが阿弥陀如来様です。
阿弥陀様は極楽浄土という世界を作り、極楽浄土は西の遥か彼方に存在すると説かれました。

・薬師如来

薬師瑠璃光如来、東方如来と呼ばれています。
薬師如来はいつも薬つぼを持ち、一切衆生に良薬を施して、私たちの心身の病気を治して下さいます。

・金剛界大日如来

金剛頂経の説く金剛界曼荼羅の中尊です。
菩薩のように煌びやかな仏身で表され、五仏の宝冠をかぶり、蓮華台に座し、智拳印を結びます。法界体性智の象徴仏です。

・胎蔵大日如来

大日経の説く胎蔵曼荼羅中台八葉院九尊の中尊です。
菩薩のように煌びやかな仏身で表され、定印を結びます。

・阿閃如来

金剛界大日如来の東方に位置し、大円鏡智の象徴仏です。

・宝生如来

金剛界大日如来の南方に位置し、平等性智の象徴仏です。

・観自在王如来

金剛界大日如来の西方に位置し、妙観察智の象徴仏です。

・不空成就如来

金剛界大日如来の北方に位置し、成所作智の象徴仏です。

・宝幢如来

胎蔵大日如来の東方に位置し、発菩提心の象徴仏です。

・開敷華王如来

胎蔵大日如来の南方に位置し、大悲行の象徴仏です。

・無量寿如来

胎蔵大日如来の西方に位置し、証菩提の象徴仏です。

・天鼓雷音如来

胎蔵大日如来の北方に位置し、涅槃寂静の象徴仏です。

・一時金輪仏頂

釈迦如来がとても深い三昧の瞑想に入った姿です。
金剛界大日如来が胎蔵界日輪三昧の瞑想に入った姿です。

・仏眼仏母

胎蔵大日如来が金剛界月輪三昧の瞑想に入った姿です。


《菩薩》

古代インドの王族の高貴な姿がモチーフになっています。

・弥勒菩薩

半跏思惟の姿をとることが多いです。
釈迦如来の次の如来(未来仏)となる菩薩です。

・観世音菩薩

日本で最も信仰されている菩薩です。
教化救済のため、衆生に応じて姿を変える大慈大悲の仏尊です。
単身像で、六観音、三十三観音として祀られます。
勢至菩薩とともに阿弥陀三尊の脇侍となることもあります。

・虚空蔵菩薩

五仏の宝冠をかぶり結跏趺坐の姿が多いです。
無量の知恵と慈悲を持った仏尊です。
求聞持法を成就させると無限の記憶力を得るとされます。

・地蔵菩薩

剃髪で袈裟を付ける声聞の姿をとる菩薩です。
弥勒如来の登場まで、六道を巡り衆生を教化救済するとされます。
観音菩薩と並び大慈大悲の仏尊として多くの信仰を集めます。

・文殊菩薩

右手に剣を左手に経巻を持ち、結跏趺坐する姿が多いです。
獅子に乗った姿を取ることもあります。
釈迦三尊の脇侍として祀られたり、守り本尊として信仰されます。知恵を象徴する仏尊です。

・普賢菩薩

合掌して結跏趺坐する姿が多いです。
象に乗った姿を取ることもあります。
釈迦三尊の脇侍として祀られたり、守り本尊として信仰されます。慈悲を象徴する仏尊です。

・勢至菩薩

持物で水瓶を持ったり、冠に水瓶が描かれることあります。
聖観音菩薩とともに阿弥陀三尊の脇侍となることが多いです。

・日光菩薩、月光菩薩

薬師三尊の脇侍として祀られることが多いです。

・薬王菩薩、薬上菩薩

釈迦三尊の脇侍として祀られることがあります。
持物として、薬草や薬壷を持つ場合があります。


《明王》

密教特有の仏尊です。

・不動明王

大日如来の教令輪身で、五大明王の中央に位置します。
一面二臂で表されることが多い尊像です。
その法力は絶大で、護摩の主尊として多くの信仰を集めます。
胎蔵界の中心の明王として、愛染明王とともに大日如来の脇侍になることがあります。

・降三世明王

阿閃如来の教令輪身で、五大明王の東方に位置します。
三面三目八臂で表されることが多く、ヒンドゥー教のシバ神とその妃ウマー神を踏みつけています。
貪瞋痴(三世)を降伏させる法力を持ちます。

・軍荼利明王

宝生如来の教令輪身で、五大明王の南方に位置します。
一面三目八臂で表されることが多く、蛇を体に巻き付けた姿をしています。
様々な障碍を取り除く法力を持ちます。

・大威徳明王

観自在王如来の教令輪身で、五大明王の西方に位置します。
六面六臂六足で表されることが多く、うずくまる水牛にまたがった姿をしています。
全ての悪を打ち砕く法力を持ちます。

・金剛夜叉明王

不空成就如来の教令輪身で、五大明王の北方に位置します(真言宗)。
三面六臂で表されます。災いを防ぐ法力を持ちます。

・烏枢瑟摩明王

五大明王の北方に位置します(天台宗)。
一切の不浄なものを焼き尽くす法力を持ちます。
禅宗では東司に祀られます。

・愛染明王

一面三目六臂で体は赤く、獅子の冠を被り、宝瓶に支えられた蓮華台の上で、結跏趺坐しています。
愛欲と貪欲を司取る明王です。金剛界の中心となる明王で、不動明王とともに大日如来の脇侍になることがあります。

・孔雀明王

一面四臂で表され、孔雀に背の上に蓮華台を乗せ、結跏趺坐しています。
明王尊ではめずらしく、慈悲相です。
三毒(貪瞋痴)である煩悩を取り去る法力を持ちます。

・大元帥明王

一面六臂から八面十六臂まで様々な姿で表され、忿怒相が多いです。
明王部を統帥するとされ、絶大な力により国家鎮護の目的で修法がなされます。


《天》

仏教以外の神が仏教に帰依して護法善神となったものです。

・梵天

古代インド神ブラフマーが仏教に帰依した天尊です。
二十八部衆の一尊で天空を守護します。
帝釈天とともに釈尊に悟りの叡智を衆生に広めるよう勧めたと言われます。

・帝釈天

古代インド神インドラが仏教に帰依した天尊です。
十二天の一尊で、四天王を配下に置き、東方を守護します。

・四天王

須弥山の中腹にいて四方を守る天尊の総称で、東方を持国天、南方を増長天、西方を広目天、北方を多聞天が守護します。

・毘沙門天

ヒンドゥー教の神ヴァイシュラヴァナが仏教に帰依した天尊です。
多聞天が独尊で祀られる時の名です。
十二天の一尊、二十八部衆の一尊で、北方を守護します。勝負事に利益ありとして信仰されます。

・吉祥天

ヒンドゥー教の神ラクシュミーが仏教に帰依した天尊です。
毘沙門天の妻ともいわれます。幸福・美・富の利益として崇められます。

・大黒天

ヒンドゥー教の神マハーカーラが仏教に帰依した天尊です。
軍神・戦闘神、富貴爵禄の神として信仰されます。

・三面大黒天

毘沙門天・弁才天と合体した大黒天です。
三面二臂の姿をしており、正面が大黒天、左面が毘沙門天、右面が弁才天です。
豊臣秀吉の念持仏で、万能の御利益があるとされます。

・大自在天

ヒンドゥー教の神シヴァが仏教に帰依した天尊です。
三目八臂で白牛に乗った姿をしています。

・弁財天

ヒンドゥー教の神サラスヴァティーが仏教に帰依した天尊です。
福徳・諸芸能上達の神として信仰されます。

・歓喜天

ヒンドゥー教の神ガネーシャが仏教に帰依した天尊です。
象頭人身で、単身または双身の姿をしています。
障碍を除いて財福をもたらす神として、また、夫婦和合・子授けの神として信仰されます。

・韋駄天

ヒンドゥー教の神スカンダが仏教に帰依した天尊です。
伽藍を守る神として崇められ、特に禅宗では厨房を守護する神として祀られます。

・摩利支天

陽炎を神格化した天尊です。三面三目八臂で、猪に乗る姿で表されます。
自ら姿を隠し障碍を排除することから、特に戦国武将から信仰されていました。

・荼枳尼天

ヒンドゥー教のヤクシニー(夜叉女)が仏教に帰依した天尊です。
白狐に乗った天女の姿で表されます。稲荷神と習合して、農業・商売の神として祀られます。

・阿修羅

古代インドのアスラが仏教に帰依した天尊で、八部衆の一尊です。
三面六臂の姿で、正義を司る神です。

・鬼子母神

インドの夜叉バーンチカの妻ハーリティーが仏教に帰依した天尊です。
天女の姿をし、左腕に子供を抱き、右手に吉祥果(代用として柘榴)を持つ姿です。
子授け・安産・子育ての神として祀られます。

・執金剛神

金剛杵を持つ者を意味するヴァジュラダラ神が仏教に帰依した天尊です。
阿形吽形で表現される場合は金剛力士となります。

・龍王

インドの蛇神ナーガが仏教に帰依した天尊で、八部衆の一尊です。
また、釈迦の説法を聴いた八尊の竜王を八大竜王と総称します。

・十二神将

インドの夜叉神が仏教に帰依した天尊です。
薬師如来のいる東方瑠璃光浄土を守る護法神です。


仏像TOP 仏像の話
仏像の歴史 仏像と信仰
仏像の種類 仏像の姿と形
仏像の荘厳 仏像の仕様

お支払方法について

銀行振込をご利用の場合

ご注文手続き完了後、当店指定口座までお振り込みください。
詳しくはこちらをご覧ください。

代金引換をご利用の場合

お買い上げ金額ごとに代引き手数料が異なります。
詳しくはこちらをご覧ください。

クレジットカード決済をご利用の場合

VISA、MASTER,DINERS,JCB,AMEX,SAISONなどの中からお選びいただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

配送方法・送料について

配送方法について

配送会社は佐川急便、ヤマト運輸、福山通運など当社が責任を持ち、お届け先や商品に応じて配送業者を指定致します。

送料について

10,000円(税抜)以上商品をご注文いただいた方は送料無料にてお送りいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

包装やのし(かけ紙)をおつけして配送することも可能です。
ご希望の際は、備考欄へ記入をお願い致します。


▲このページの先頭に戻る