仏壇、仏具、お線香・ローソク、寺院用仏具、感謝状、戒名紙の通販サイト

創業明治5年145年の歴史と伝統

会員専用ページ

ログイン
はじめてのお客様へ
新規会員登録はこちら

商品検索

カート

らくらく仏壇設置便

お仏壇の保証について


仏壇の豆知識

中居堂公式facebookページ

ラインで毎月オトクな情報が届く!中居堂のLINE@

サイトから追加

スマートフォンで下のボタンをクリックすれば、友だち追加できます。

友だち追加数

QRコードで追加

メニューの「友だち追加」で「QRコード」を選択して、こちらのQRコードを読み取ると、友だち追加できます。

▼お店ページのURL
http://accountpage.line.me/q/wyxNTUiRbV

中居堂ホーページはこちら

杜の都、仙台にて創業明治5年145年の伝統と歴史をきざむ仏壇仏具店


銘木黒柿 払子ページ


払子1 払子2
払子3

獣毛を束ねたものに短い柄をつけたものです。古代インドでは日常的に虫や塵を払うものとして使われていたものが、仏教に取り入れられました。
僧の威儀を示す道具として、シンボリックな意味で用いられ、禅系諸宗、浄土宗などで用いられる、千手観音の一手の持ち物は『大悲心陀羅尼経』に悪障難を除くためとも出ています。

『魔訶僧祇律』巻三十二には、仏教で払子を用いるに至ったいきさつを伝えています。
お釈迦様が王舎城(ラジギール)にいたときのこと、お釈迦様に背いて悪行をほしいままにしていた六群比丘のやからは、白妙犛牛尾(びゃくみょうごび)で作った払子を持っており、その柄は金銀からできているという贅沢なものであった。
折しも節会の祭りの日に、六群比丘はこれを見せびらかせて、かえって人々の反感をかっていました。
お釈迦様はそれをみて、弟子たちに払子そのものを使用することを禁じました。 ところが、お釈迦様が毘舎離(ベーシャリー)にいたとき、弟子たちがガサガサブンブンとやたらに音を立てているのでどうしたのかと聞いてみると、お釈迦様が払子を禁じたために、蚊や虫を追い払うために大きな木の葉で扇いでいるのでそうした音が出るのだという。
お釈迦様はそこで、華美なものでなければ払子を用いてよいと改めて認めました。





当店では、創意工夫を凝らした記憶に残るご寺院様向け仏具も豊富に取り揃えており、を始め、中居堂オリジナル商品など様々な商品を取り扱っております。また、1万円以上お買い上げいただいた方には、送料無料サービスも行っております。ご不明な点がございましたら、お気軽に当店までお問い合わせください。通販サイトやカタログに掲載していない仏具も多数ございますのでお気軽に御相談ください。


お支払方法について

銀行振込をご利用の場合

ご注文手続き完了後、当店指定口座までお振り込みください。
詳しくはこちらをご覧ください。

代金引換をご利用の場合

お買い上げ金額ごとに代引き手数料が異なります。
詳しくはこちらをご覧ください。

クレジットカード決済をご利用の場合

VISA、MASTER,DINERS,JCB,AMEXの中からお選びいただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

コンビニエンスストア払いをご利用の場合

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、セイコーマート、 サークルK、サンクス、ミニストップの中からお選びいただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

配送方法・送料について

配送方法について

配送会社は佐川急便、ヤマト運輸、福山通運など当社が責任を持ち、お届け先や商品に応じて配送業者を指定致します。

送料について

10,000円(税抜)以上商品をご注文いただいた方は送料無料にてお送りいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

包装やのし(かけ紙)をおつけして配送することも可能です。
ご希望の際は、備考欄へ記入をお願い致します。


▲このページの先頭に戻る